Page Top

呼吸器内科

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

COPDとは慢性(Chronic)閉塞性(Obstructive)肺(Pulmonary)疾患(Disease)の略で 、多くは長期間の喫煙により肺の構造が破壊されてしまったためになる病気です。「タバコ肺」とか「肺気腫」というとピンとくる人がいるかもしれませんね。通常は呼吸が苦しくなったり、咳や痰がひどくなったりするため、すぐにわかりそうなも のですが、長期間の喫煙の間にゆっくりと肺の破壊が進行するため、自覚症状に気がつき にくく、自分で病院を受診するときにはひどく壊れてしまった状態ということも珍しくあ りません。

  • 呼吸困難(息切れ)
  • 慢性咳嗽
  • 慢性の痰
  • 喘鳴
  •  

また、咳や痰は風邪などでもみられる症状のため、COPDの正しい診断に至らずに見過ご されているケースが非常に多いのが特徴です。

2001年に行われた大規模な調査の結果、日本におけるCOPD患者は530万人程度いると予想されていましたが、2011年の段階でCOPDとして治療を受けている患者は26万人程度にすぎず、500万人以上が見逃されているといわれています。壊れてしまった肺はもはやなおらないですが、一にも二にも禁煙が最も重要です。 さらに心不全などの深刻な合併症を引き起こして死に至る病気です。男性に限って言えば、死因の第9位とかなりの上位を占めています。進行してしまって日常生活に必要な酸素が取り 込めないこともありますので、その場合は合併症を防ぐためにも、日常生活の質を上げる ためにも在宅酸素療法(HOT)を早めに導入することが必要となります。当院であれば、入院することなく外来にて診断から在宅酸素療法導入まで行うことも可能です(実は非常に難しい部分があるため、入院して慎重に判断せざるを得ないこともあります)。

酸素を吸っている姿を人に見られたくない、といった患者様の場合は小さなバッ グを抱える程度で済む液体酸素の導入なども可能ですので、一緒にご相談して決めていき ます。

ぜんそく(気管支喘息)

風邪、感染、アレルギー、喫煙、寒暖差、などさまざまな原因が引き金となり発作性の呼 吸苦を生じる疾患です。ゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸音が特徴的ですが、そうい った呼吸音や呼吸苦はなく、咳だけが唯一の症状である「咳喘息」の方も多くいらっしゃ います。 吸入ステロイドというお薬が発売されてから、ぜんそくによる死亡者数は目に見えて減少 してきましたが、まだ年間1500人程度は亡くなってしまう怖い病気です。 また、ぜんそくというと小児を中心とする若い方のイメージがありますが、実はぜんそく による死者は75歳以上で急激に多くなります。 ぜんそくは進行してしまうと発作のコントロールが難しくなり、重症化もしやすくなるた め、現在は「いかに普段から発作を起こさないか」ということに主眼がおかれるようにな ってきました。さらに、非常に重症なぜんそくについて、以前はあまり有効な治療がなか ったのですが、2009年にゾレアという生物学的製剤が発売されてからこの分野の研究が進 み、特に2016年からはさらに優れた生物学的製剤が登場してきて、目覚ましい効果をあげ るようになってきています。2週から4週間に1回程度の注射、月数万円の自己負担など、 簡単に行える治療ではなく、多くは大学病院などの専門医療機関でしか行われない治療で すが、当院では患者様の症状が重い場合,

その症状に合わせて適切な生物学的製剤の導入 が可能です。ぜんそく発作で悩み、ステロイドの内服がなかなかやめられない患者様など はご相談ください。

ACO(ぜんそくとCOPDの合併)

「えいこ」と呼ばれてもほとんどの方は聞いたこともないと思います。ACOとは「ぜんそ く(Asthma)とCOPDのオーバーラップ(Overlap)」の略で、両者の病気の特徴を併せも った状態のことを指します。ぜんそくとCOPDはどちらもかなり知られるようになってきており、呼吸器専門医が診断 ・治療を行うことで悪化を防ぐことが可能となる2大疾患と言ってもいいぐらいですが、 実はその両方を併せもった患者様が多くいらっしゃることが最近の研究でわかってきまし た。ACOの診断は検査だけでなく、喫煙歴の聴取や症状の細かい違いを区別するなど、呼吸器 専門医でもかなり熟練を必要とします。

そのため、片方だけが診断・治療されていたり、 両方とも見逃されたりしていることが多いのが現状です。しかし、早期からACOの診断を 行い、適切な治療を開始することで両者の悪化を防ぐことが可能です。当院では呼気NO やCT検査など診断に必要な機器がそろっており、当院だけで診断・治療開始が可能です。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠中に、主に上気道が狭くなってしまうために呼吸が止まってしまうことを睡眠時無呼 吸といいます。10秒以上止まってしまう場合、病的な状態(呼吸障害)としてカウントさ れます。 1時間に5回以上呼吸障害がみられた場合、睡眠時無呼吸症候群の診断となります。睡眠時 無呼吸症候群では、日中の眠気やいびきなどが重視されがちですが、実はそうではなく、 糖尿病や高血圧、狭心症や心筋梗塞などのいわゆる虚血性心疾患、脳死出血や脳梗塞など の脳血管疾患などを発症する確率が高くなることが知られています。 また、中等症から重症の睡眠時無呼吸症候群を放置することで、突然死などのリスクも高 くなることが知られており、あまり症状がないからといって、放置することなく、早めに 治療を始めることが重要です。治療は主に、CPAP(しーぱっぷ)と呼ばれる機械を睡眠中に鼻に装着することにより、空 気を送り込んで気道が閉じないようにします。以前は、機械で顔の大部分が覆われること による違和感や、空気が強く送り込まれるために安眠できない、などの訴えが多くみられ ました。しかし近年、機械の進歩は目覚ましく、鼻だけを覆うタイプが主流となったり、 送り込む空気も最初は静かに、眠りに着くころに徐々に強くしていく、といった調整がな されているため、不快感はかなり軽減されました。

当院ではまずアプノモニターと呼ばれる家庭でも可能な簡易検査を行うことが可能です。 アプノモニターで診断がつかない場合は、大学病院などにPSG(ポリソムノグラフィー) と呼ばれる精密検査を依頼することも可能です。CPAP療法は継続的に行う治療のため、 月に1回は受診することが必要なのですが、大学病院での精密検査により診断された場合 でも、当院での通院治療を行うことは可能です。

禁煙外来

喫煙はCOPD(リンクをはってください)の危険だけでなく、あらゆる癌の発症率をあげ るなど、まさに百害あって一利なし、であることは広く一般にも知られていると思います しかし、非常に強い依存性があるため、自力で永続的な禁煙を達成することは困難です。 禁煙外来は3か月で5回の通院だけですが、達成率には明確な差が出ることがはっきりと研 究で示されています。当院では日本禁煙学会の専門医の資格を有し、大学病院での禁煙外来の診療経験を持つだ けでなく、市中病院での禁煙外来立ち上げにも携わった医師が担当します。禁煙するとま では決められないけど、やめようかどうか迷っているという方こそ、まず気軽に相談して ください。周囲に勧められて禁煙外来に来ただけの場合、禁煙達成率は低くなります。本 人が自分の意志でやめようと決断することこそが禁煙を達成するために最も重要な一歩で す。すぐにやめられなくても何年でもお付き合いしますので、一緒に頑張りましょう!

在宅酸素療法(HOT)

在宅(House)酸素(Oxygen)療法(Therapy)の 頭文字をとってHOT(ホット)と呼ばれることが多いです。 僕らは生きるために食事をします。60兆個あるといわれる人間の細胞ひとつひとつにとっ てのご飯にあたるものは「酸素」です。鼻や口で呼吸することで取り込まれた酸素は、肺 の最後にたどり着く小さな部屋(肺胞、と言います)の部分ですぐそばを走っている血管 の中に移動し、血液の流れに乗って全身に運ばれていきます。 在宅酸素療法が必要な患者様は肺の機能が十分に果たせない方、ということになります 。COPDの方、高齢者で肺結核の後遺症のために肺が変形してしまっている方、間質性肺 炎(肺線維症とも呼ばれます)の方、肺癌の方、慢性心不全の方、などが対象となります 。 「動くと呼吸が苦しい。」という自覚症状を緩和することで、日常生活が送れるようにな る大きな手助けとなることはもちろんですが、COPDの場合などは、慢性心不全など合併 症への進行を予防するためにも、在宅酸素療法を早めに導入することが必要となります。 当院であれば、入院することなく外来にて診断から在宅酸素療法導入まで行うことも可能 です(実は非常に難しい部分があるため、入院して慎重に判断せざるを得ないこともあり ます)。酸素を吸っている姿を人に見られたくない、といった患者様の場合は小さなバッ グを抱える程度で済む液体酸素の導入なども可能ですので、一緒にご相談して決めていき ます。

お急ぎの方はこちらからお問合せ下さい
  •  048−984−7877
  • 診療時間:平日午前9:00~12:00、午後15:00~18:00 受付終了:午前11時30分受付終了、午前17時30分受付終了
  • 休診日:水曜日・土曜日午後・日曜日・祝日